福岡の在宅リハビリステーション「リセラ」は、専門スタッフによる本格的なリハビリで、シニアの方々の明るく楽しい第2の人生をサポートします。

  • HOME
  • 採用情報
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

Rehabilitation

元気になれるリセラのリハビリ

リセラのリハビリテーション リセラのリハビリテーションの効果について

PT・OT・STの資格を持つ専門スタッフがしっかりサポート

ご自身が持っている「残存機能」を最大限に引き出す!
ココロもカラダも元気になれる、リセラのリハビリテーション。

笑顔が広がるグループリハビリ

笑顔が広がるグループリハビリ

作業療法士による稼動域訓練

作業療法士による稼動域訓練

理学療法士による歩行訓練

理学療法士による歩行訓練

言語聴覚士による嚥下訓練

言語聴覚士による嚥下訓練

目標を設定し、一人ひとりに合ったリハビリメニューをご提案します。

人は加齢とともに活動量が減り、できないことが増えていくことで、さらに活動量が低下していくという負のスパイラルに陥ります。しかし病気や障害を負ったとしても残存機能がある方は多く、その残存機能を向上させることで日常生活に活気を取り戻し、身体機能の低下を遅らせることができます。リセラでは、その人が持つ残存機能を最大限に引き出すことをテーマに、一人ひとりに合った目標設定とリハビリメニューをご提案します。

専門スタッフによるリハビリで、認知症の改善にも効果を発揮します。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士によるきめ細かなマンツーマンリハビリや、マシンを使った本格的な筋力トレーニング、声かけや対話をしながら自然と笑顔が広がるグループリハビリなどで、日常動作に必要な筋肉を効果的に鍛えていきます。適度な運動は脳も活性化するので、認知症の改善や遅延にも効果を発揮します。

リハビリを元気に楽しく!

最新のマシンを使用した
効果的な筋力トレーニング。

レッグプレス、ローイングマシン、レッグエクステンション、バタフライ、アブドミナルクランチ、エルゴメーターなど、最新のトレーニングマシンを豊富に取り揃えていますので、効果的な筋力トレーニングをおこなうことができます。

最新のマシンを使用した筋力トレーニング

リハビリの成果が目で見える!
モニタリング評価書を作成します。

毎月体力測定をおこない、その結果を数値化した「モニタリング評価書」を、一人ひとり作成しています。リハビリによる身体機能の変化をカラダで感じるだけでなく、数字やグラフを目で見て実感することで、リハビリへの意欲が更に高まります。

リハビリの成果が目で見えるモニタリング評価書

自宅でも継続できるリハビリメニュー。
スタッフの訪問リハビリも。

デイサービスでのリハビリだけでなく、自宅でもできるリハビリメニューをご提案しますので、デイサービスの日以外でも運動を継続することができます。また、専門スタッフによる訪問リハビリもおこなっています。

自宅でも継続できるリハビリメニュー

運動後の疲れを癒す
アロマオイルを使ったフットケア。

運動後にセラピストがおこなうフットケアで、自然アロマオイルの香りに癒されながら、日常生活で蓄積した老廃物を流し、血行を促進します。

アロマオイルを使ったフットケア

ご自身でできることはご自身で。
料理も効果的な作業療法です。

すべてをリセラのスタッフがやるのではなく、利用者様が自分でできることは可能な限りやってもらうようにしています。例えば「BisCo Day Re`sela」では、お昼ごはんのお味噌汁は、毎日利用者様に具材の考案と調理をお願いしています。調理動作もリハビリテーションにおける効果的な作業療法です。

料理も効果的な作業療法です

チャイルド・スポンサーシップ活動で
生きがいをプラス。

生きがいを持っていただきたいという想いから、利用者様の創作活動で得た利益を恵まれない子供たちに寄付する「チャイルド・スポンサーシップ」の活動をおこなっています。

支援する途上国の子供の成長過程が見えるので、その子を支えているという実感を持つことができます。手紙や写真のやり取りも、生きる喜びにつながります。

チャイルド・スポンサーシップのWEBサイト

https://www.worldvision.jp/childsponsor/

チャイルド・スポンサーシップ活動

これらの症状をお持ちの方は、ぜひリセラのリハビリをお試しください。

  • 認知症
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 進行性核上性麻痺
  • 大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞等)
  • 閉寒性動脈硬化症
  • 慢性閉寒性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎)
  • 両側の膝関節又は股関節の著しい変形を伴う変形性関節症など。
脳梗塞特化型のリハビリテーション
脳梗塞特化型のリハビリテーション